2017年8月7日月曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”自分を疑え”


初めての事は楽しい。
興味のあることを学ぶことは、とても楽しい。
それができるようになると、すごく楽しい。
できたことを褒められると嬉しい。
できることで喜んでもらえると、もっと、嬉しい。

そして、私は、その人が美しく見える色を見つけること、
その人が美しく見える眉をスタイリングすること、
その人の顔をメイクアップで
輝かせることなどができるようになった。
できるようになったことをずっと続けて、
少しずつプロに近づいてきた。

けれど、まだまだ、慣れてはいけない。
なめてはいけない。
生半可な自信はいらない。
もっと自分を疑え、もっと自分を疑え。
疑いながら続けていけ。
ある偉大な演出家が、ベテランの俳優たちに怒鳴った言葉。

今年の4月から久しぶりに、10代の総勢75名の生徒たちに、
美容技術を一年をかけて指導することになった。
自分で目指した道なのに、
つまらないと横を向いてしまう若さと、
何かを探したい思いとが入り混じり、
教室は毎回、むんむんと熱い。

そんな生徒たちの中にうもれながら、
今まで何十年としてきた、
自分にとっては当たり前のようなことを、
もう一度見直して、もう一度確認して、
もう一度はじめから、美容技術を教えていく。
できるだけユーモアを交えながら、
40近い年の差を、毎回少しずつ縮めていく。
久しぶりの若者に向けての指導に、
あの演出家の言葉が頭をよぎる。

10代の生徒達と、今の私は、世代もキャリアも違うけれど、
自分を疑うことにおいては、そう、きっと、まったく同じだ。

自分を疑うという事は、
見つけられていない自分の引き出しを探していくこと、
自分の可能性を見出していくこと、
もっと自分の未来を開いていくことへの
メッセージのように思うのだ。

私には怒鳴るほどの威厳さはないけれど、
残暑厳しい8月に、
40近い年の差がある生徒にも、自分にも、
同じように喝を入れる。

もっと、自分を疑え。
 

2017年5月1日月曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”美人の条件”


「美人ですねぇ」と言われて嬉しくない人は
この世に存在しない、と、思う。

では、どんな人が美人なのか。


美しさは持って生まれた造形によって決まると

思われていることが多い。
顔立ちが美しい人や、体型のバランスがいい人など。


しかし、人の美しさは決して生まれつきの造形だけに

左右されるわけではない。
その人の持っている雰囲気や、その人がかもしだす

香りみたいなものも、美しさの一つのように思うのだ。

先日ある方が、「美人なしぐさ」という

書籍をプレゼントしてくださった。
なるほど、と、思うことばかりである。



美人は胸の位置が高く若々しい
美人は元気に歩かない
美人は足の隙間を見せない
美人はちょっとだけずるい
美人には必ず秘密がある
美人はタイミングよく笑う
美人はなごりおしくせつなく別れる  などなど。



う~ん、色気を感じる語録が多いなぁと思っていたら、
やっぱり、著者は男性であった。
美人=色気  の定義は、男性目線からみれば、当然の事だと思う。

ところで、わたしが思う美人とは、

今を感じさせる人、
生き生きして個性的で、
ちょっとユーモアがあり、
ウィットに富んでいて、

そして、時々男前になれる、
そんな人。
そして、何と言っても、

よ~く自分を知っている人である。

自分を知ることは、実は、なかなかむずかしい。
 

たとえ生まれつきの造形がいくら美しくても、
年をとればとるほど、外見の造形というものは、
その人の生き様を雄弁に語るように思うのだ。


自分を知ることが、美人の一番条件のように思うのは、

わたしだけであろうか…。

書籍の最後のほうのページに、

美人は 「しゃべるより見せる」との言葉があり、
思わず苦笑してしまった。
ご存知の方も多いと思うが、

わたしは、「しゃべる、しゃべる、しゃべる」
やっぱり、美人とはほど遠い…。

もちろん、わかってますけどね~。

2017年2月8日水曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”風の音をきく、 そして、のる”



26年ほど講師を務めたフィニッシングスクールの新年会は、
毎年1月の終わり頃に、大阪北新地の老舗イタリアンレストランで、
行われる。
かつて校長だった方は、ひとときタレントとしても大活躍された
素敵な女性である。
その日もシンプルで上質なニットに、ベレー帽を斜めにかぶった
出で立ちで、美しく繊細な指先には、今もかわらず、
エッジの効いたデザインネイルがほどこされている。
以前は、全国展開していたこのフィニッシングスクールで、
私は、カラー、ヘア、メイクの授業を担当していたのであるが、
講師としても、実にたくさんの事を学ばせていただいた。
参加したメンバーが現況報告を次々に話した後、
いつもの校長のちょっと辛口で、けれども温かく、
ユーモアたっぷりなお話しがあり、今年は最後に、
「80歳を過ぎてね、ストンとなにかがおちた気がして、
とっても楽になったのよ。」と、仰った。

さて、恒例の今春シーズンレッスンのテーマは、
「花×ツヤメイク」である。
花のもつみずみずしい生命力を感じるツヤ肌づくりを、
徹底的に伝授するつもりだ。
今、メイクにおける肌のつくり方は、とてつもなく変化している。
軽いだけではなく、キラキラ感でもない、
究極のツヤ感をつくるために、
今までのテクニックとはまったくちがう、
新しいテクニックでレッスンするつもりである。
毎年とりいれるトレンド感ではない、
基本として続けてきたテクニックを一新する、
その時が、やってきたのだ。

新年会のあと、また来年もお会いしましょうとあいさつをして、
一人、駅までの道を歩く。
冬の寒空の中、風の吹いた音がした。
少しずつ感じていた風が、
本格的に“ひゅう~”と音をして、吹いてきた。
この風に、今は逆らわない、追い風もしない。
ちょっぴりせつなさはあるものの、
大きく深呼吸して、気持ちよく、のりたい風だ。

私にもいつか、誰もが認める、いいや、
まずは自分自身が納得のいく「なにか」がおちて、
楽になる時がくるのだろうか。

そんな時がおとずれるまで、
今はまだ、風の音をきき、風に、のる。
できれば、美容という名の、ちょっとかっこいい
サーフボードで波乗りをするように、
風をつかんで、風に、のるのだ。

2016年11月20日日曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”わたしの 触り方”



敏感な人にこそマッサージが大切。

先日、大御所エステティシャンの講話を拝聴し、
まさしくその通りとうなずいた。

今まで、美容の仕事を通して、どれだけの人を触ってきたことか。

はじめて会った人、それほど詳しくわからない人、をどう触るのか。

人を触るはじまりとなるスキンケアこそが、
コミュニケーションのはじまりだと、
偉大なる師、シュウウエムラ氏から教わった。
数々の仕事の現場で、さまざまな顔を触るとき、不思議といろんなことを感じる。



皮膚がかたい人はこわばっており、目の周りを瞬く人は何かをおそれ、毛穴がひろがっている人は何かに怒り、しわが深い人はあきらめかけていることがあり、そして、たるみのある人は、冷えていることに気付かない 。
だからこそ、皮膚がかたい人はやさしさを、目の周りを瞬く人はゆるぎない信頼を、毛穴がひろがっている人は中庸を、しわが深い人は励ましを、たるみのある人は温かさを、求めているのではないだろうか。



私たち美容を仕事にするものは、まずはこの人に、
自分を委ねようと思ってもらう事がはじまりだ。

顔の真ん中から外に、「はい、いちにさん、いちにさん…。」

自分の指を躊躇なく、人の顔にしっかりとはわせて、
やさしくやさしく包み込む。



人間は、どこもかしこもまるく、かどばっていない。
まるく、まるく、触るのだ。



美しくなることは幸せであり、
そのはじまりである触ること、は、
無言のコミュニケーションだ。



ずいぶん前の話になるが、娘が生まれて間も ない頃、
毎晩盥にお湯をはり、薄いガーゼでそっとなでると、
うっすらと白い藻が出て、なんだろうとすくってみたら、
垢が浮いているのだった。

その垢を手のひらにすくいながら、すくすく成長しているのだと、
愛しい気持ちが胸いっぱいにひろがった。



また、少し前の話になるが、脳腫瘍の除去手術の後、
9ヶ月ほど寝たきりだった母に、
少しでも気持ち良くなってもらおうと
カサカサの足にクリームをつけてマッサージをすると、
びっくりするほどの垢がでた。
話すことも、食べることも、
寝返りする事さえもできなかった母の足は、
触ることを繰り返すうち、最期は生まれたての赤ちゃんのような足になった。



一年のそろそろ終わり頃になると、いつもこんな言葉がうかんでくる。
 

つらなる。  つながる。  つづける。


この美容道をこれからも、
つらなりながら、つながりながら、さわりながら、つづけていこう。




触ることは何かを伝える。

触ることで何かを感じる。

とことん、しぶとく、触りながら、美容の力を信じるのだ。

そして、一人でも多くの人に、わたしの触り方を伝えていくのだ。

2016年8月17日水曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”秋に叫ぶ アモ~レ~”



ずっと昔から、チョコレートを愛しています。
そして今も、愛しています。
昔々亡き母に、4つ違いの妹と半分ずつわけなさいといわれた贈り物のチョコレートを、こっそり妹の分も盗み食べしていたほど()
愛してるんです。
甘いだけではない、カカオの風味がたまらないこと。
なんとなくスタイリッシュにみえること。
甘い後にくるなんともいえないエッジな感覚。
今は、上質なカカオ70%くらいのものが一番好き。
そして、チョコレートって何となくワルそうなところがいいと思いませんか?
危険な感じが漂うスイーツは、やっぱりチョコレートではないでしょうか。


さて、今秋のシーズンレッスンのテーマは「ドルチェアモーレ」。
カシスとチョコレートが混ざり合ったような
アイラインを目元に使い、やさしいけれど深みのある
大人だけの豊潤な甘みを醸し出すドルチェのような、
少々肉感的な女性をイメージしたメイクアップをご提案致します。
話題が沸騰したサッカー選手の「僕のアモーレ」って、
こそばゆくて、インパクトがありましたよね。
そんな風に言ってもらえそうになるメイクアップデザインです。
ご期待ください。
ところで、
愛してるよ。愛してます。愛しいよ。愛されたい。愛、愛、愛 。
愛っていう言葉は、こんなにもあふれているのに、
人生の中で、愛という言葉を何回ストレートに言うでしょうか。
そして、何回、言ってもらうことがあるでしょうか。
「ドルチェアモーレ」な顔になって、
この秋は、ちょっとセクシーに女っぷりをあげませんか?
誰かに、アモ~レ~と言わせてみせませんか?
それにしても、チョコレートを愛しています。
も、なんだかなぁ~。

この秋は、もう一度叫びたいものです。  アモ~レ~
ううん、ホントは叫んでほしい。 アモ~レ~

けれど、叫ぶのも叫ばれることも、
幻想のようにノスタルジックに思うのは
きっと私だけ…アモ~レ~ (遠吠え風に)   とほほ…。



2016年4月30日土曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”50627274のHappy Beauty イリュージョン ”


春夏のガウチョパンツは、股下50センチ。
レギンスパンツは62センチ。
ストレートパンツは72センチで、ワイドパンツは74センチ。
私に似合うパンツの丈である。
その昔、パンツを購入し、丈をつめて仕上がった後に、
後悔したことがなんと多かったことか。
自分にぴったりの仕上げのはずが、何となくしっくりこない。
そんな事を繰り返すうちに、私はこのデザインならこの丈、この素材ならここに注意、と、自分自身で管理しなければいけないと思うようになった。残念ながら、ブティックの販売員さんのすべてが、
その人に最も似合う丈をアドバイスできるとは限らない。
ちょっとした丈の違いで、洋服は生まれ変わり、
スタイルは抜群に良くみえる。

ところで、皆さん、
バランスをとるって本当に難しいと思いませんか?
顔はもちろん、身体のバランスは人それぞれ。
毎年恒例のスタイリングレッスンを担当するにあたり、
つくづくバランスって、難しいなぁ、そしておもしろいなぁと思う。

美しく服を着る秘訣は、何であろう?

まずは、色。
絶対に外せない色の選択。同じ白でも様々で、
雪のような真っ白、バニラアイスクリームのようなアイボリー、
ヨーグルトのようなオフホワイト、ホタテ貝のようなベージュ
ホワイトがあり、その人に似合う白は一つしかない。
これから結婚する人は、特に要注意。ウエディングドレスを選ぶときには、「絶対似合う白」を着てほしい。
また、今の季節、白のブラウスが多く店頭にあると思うが、
その人に似合う白う身につけると美しさは確実で、格別だ。
少しでも妥協すると、ぼやけたり、太って見えたり、ときにはぐっと、老けて見えることもある。
こんなにたくさんの色のある世界に生きて、こんなに自由に色を選べるにもかかわらず、似合う色を知る事が
本当に大切だと思う人は、まだまだ少ない。

次にイメージ。
洋服の場合、素材感、テイスト、トレンドをうまくミックスして、
自分に似合うイメージをつくりあげることが大切だ。
そう、エレガント?スポーティ?コンサバ?モダン?と、いったように…。

そして、最後にバランス。
バランスを知るという事は、難しいようだが、とても楽しい。
ちょっとしたバランスを変えるだけで、
その人のスタイルは素晴らしくよくみえる。
バランスをとるということは、ヘアメイクでもファッションでも、
自分にとってのとっておきのイリュージョンだ。
一人一人のビューティバランス。
それを皆さんに、伝えていきたい。

ブランドじゃない、流行だけじゃない、
自分自身のビューティーバランスが、
その人を、きっと、幸せな気持ちにさせる。
ビューティとハッピーは、いつもセットで届けたい。

あなたのハッピービューティナンバーを、ご存知ですか?
自分自身のビューティバランスを知ることで、
きっと、人生は変わる。
私、奥田天功(!?)でよければ、もちろん、
ビューティイリュージョン~

2016年2月5日金曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     "シンプルにトキメイテ"



「ときめくものだけを選んで下さい。」
昨今一大ブームとなった片付け術は、
ときめくものだけを選んで整理整頓していくというノウハウである。
日本だけではなくあっという間に、世界中に広まっていった。

「ときめく」って、う~ん、いい言葉だなぁ。

さて、あなたにとって、ときめくものは何ですか?
ときめくことってありますか?

ときめくといえば、やっぱり、恋?
本当にときめく恋には、いろいろと覚悟がいるし、
時と場合によっては、空想の世界だけで楽しむ方が
いい時もあるだろう。
けれど、やっぱりロマンスっていいなぁ、と思う。
恋という字に郷愁を抱く私はさておいて…。
ショッピングやファッションは、どうでしょう?
近頃本当にときめくショッピングやファッションは、
とてつもなく高く、尻込みしてしまう…。とほほのほ…。
ときめくスイーツや、ときめくグルメというのもあるが、
後からたっ~ぷりと身体に代償がついてくる…。
私にとって、昔から変わらないトキメキは、技を磨くことや、
それをみること、また、素晴らしいアートに触れることなどだ。

ところで、私はいつも新しい年になると「やりたいこと」を
手帳に書き出してみるようにしている。
仕事、健康のこと、好きなこと、家族などをテーマにして。
もちろんすべてを実現するのはむずかしいけれど、
「これだけは!」という自分なりの順位をつけて、
新しいスイッチをいれるのだ。
すべてができなくても書き出してみることで、
本当に自分の望んでいる事が整理でき、
自分自身にそのミッションをあたえると、
それに向かって努力できるような気がする。

そう、毎年年始に書き出す「これだけは!」は、
思えばトキメキ度の大きさである。

さあ、今年も春に向けて、
「ときめいて、ときめかせる」そんなビューティをお届けします。
元気になれる、楽しくなれる、そして、もちろん、きれいになれる、
そんなトキメキを皆様にお届けできるオーヴルであり続けたい。

そして、そのオーヴルメソッドのトキメキは、
シンプルさをモットーに。

他の誰かではないその人に必要なものだけを、
シンプルに伝えたい。

皆様少し遅くなりましたが、本年もよろしくお願い申し上げます。

今年のオーヴルの合言葉は、もちろん「ト・キ・メ・キ~」で、ね!
「どんだけ~」とか「マボロシ~」とか、言ったら、や~よ~!?